株式会社ひびき 正社員採用情報株式会社ひびき 正社員採用情報

金澤憲一

kanazawa_top

自分の強みを生かして“楽しく”働く

金澤憲一

2011年9月 入社
営業部営業二課
ひびき 坂戸駅前南口店 店長
1963年生まれ

※当インタビューは2017年7月当時の内容になります。

婦人服の販売からひびき®へ

前職では、25年にわたって、婦人服の販売をしていました。もともと、対面で商売することが好きで、長年培ってきた接客の経験が活かせる仕事はないかと想い、ひびき®に入社しました。入社後、まずは営業二課に配属されて、巡回スタッフとして、さまざまな店舗を回りました。当たり前ですが、店舗によって色が異なるので、地域やロケーション、時間帯によって訪れるお客様の年齢層などを肌で感じることができました。飲食業界初心者の私にとって、すごく勉強になりましたね。その後、テイクアウト専門のひびき日高店の店長を経て、現在は新店舗であるひびき坂戸駅前南口店の店長を務めています。新店舗ということで期待と不安がありましたが、任せてもらえたということが何よりうれしかったですね。チャンスを与えてもらい、とても感謝しています。

お店のファンをより多く増やすために

kanazawa_img1

新店舗を任されたときに意識したことは、ひびき®のファンの方の期待を裏切らないこと、ひびき®のファンをさらに増やすことの2点です。お店のファンになってもらうためには私を含めスタッフの努力が欠かせません。また、好きになってもらうものは、お店の立地でも、商品でも、はたまたスタッフでもいい。私自身は、前職の経験を生かして、接客には特に力を入れています。お客様にお待ちいただく間に何気無い会話を楽んでいただく、常連のお客様が来店される時間、前回注文された商品、味の好みなどを細かく把握するなどして、短い時間でも気持ちのいいひとときを過ごしてほしいと思って日々接客にあたっています。基本的なことですが、接客はこういった気遣いが何よりも大切だと思うんですね。異業種とあって、転職直後は忙しく、つらく感じることもありましたが、“自分の色を出す”ということを意識し始めてから、仕事がグンと楽しくなりました。

食は安全・安心が大前提!

食はいつどんな時代も、人間と切っては切り離せないものですし、飲食業がなくなることはないと思います。そんな食だからこそ、安全・安心に対して強くこだわる必要がありますよね。そういった面でも、ひびき®の素材に対する安全・安心の徹底したこだわりには強く共鳴しています。そのうえで、働くならやっぱり楽しく働きたいですし、スタッフにもそうあってほしい。もちろん、店舗の売り上げを伸ばすことは前提ですが、人と接する楽しさをより多くの人に味わってほしいと思います。ひびき®は研修制度も充実していて、社員の「学びたい」、「こうなりたい」という思いをバックアップしてくれる会社です。そんなひびき®というフィールドで、大きく成長したい、楽しく仕事をしたいという方と一緒に働きたいですね。

HIBIKI SHOP BRAND

SEARCH