株式会社ひびき 正社員採用情報株式会社ひびき 正社員採用情報

栃尾隆(2016年5月)

tochio_top

“一番はやっぱりお客様”という信念を持ち続ける

栃尾隆

2014年 入社
ひびき庵 新宿野村ビル店 店長
1977年生まれ 埼玉県出身

※当インタビューは2016年5月当時の内容になります。

転職を決めた“社長からのメッセージ”

高校を卒業して1年制の調理の専門学校に通った後に、レストランで10年ぐらい勤務し、その後に5年ほど居酒屋も経験したので飲食業界は20年ぐらいになります。居酒屋を辞めた後は、以前働いていたレストランの先輩がオープンしたお店を手伝っていたのですが、いつか自分で店舗を持ちたいという気持ちがあったので、働きながらも転職先を探していました。そんな時に、飲食専門の募集サイトでひびき®のことを知ったんです。ひびき®に入ろうと思ったきっかけは、自分で店舗をまかせてもらえる会社だと思ったのと、会社のホームページの“社長からのメッセージ”にある「人に良いものと書いて食べ物」という言葉に感銘を受けたからです。さらに食材を大事にするという会社理念に共感したことから、ひびき®に入社することを決めました。

新宿という立地ならではの工夫と店づくり

itou2_img1

入社当初からひびき庵で働きたいという希望を出していたので、今はひびき庵新宿店で店長をしています。新宿は東口と西口では客層が全く違うんですね。東口は10代、20代の若者が多いんですが、西口はオフィス街なので、30代から50代のビジネスマンのお客様が中心になります。なので家庭の味を再現したり、お酒のつまみを多く用意するなど、メニューづくりは工夫しています。またビジネスマンのお客様の中には話の邪魔をされたり、違う会社の人に会話を聞かれたりするのを嫌がる方もいらっしゃるので、できるだけ席の距離は離したり、一席一席を広くするなどの気配りも心掛けています。あとは店の雰囲気作り。自分だけじゃなく全スタッフが大きな声で「いらっしゃいませ!」「ありがとうございます!」を言い、感謝の気持ちを常に持って接することを何より大切にしています。

自分の信念と明確な目標を持って仕事をする

ひびき®には社長研修というものがあって、日疋社長と直接お会いして店舗の改善点などを相談できたり、運営のノウハウを学ぶことができます。また、他の店舗の人たちとも会えるので、「うちの店ではこうしてるよ」とかアドバイスをもらったりして、毎回勉強させてもらっています。ひびき®で働きたいと思う人は、ぜひ自分の信念を持って入社してほしいですね。日疋社長の想いをしっかり理解し、自分の信念もしっかり持って、明確な目標と目的に向かって仕事をしたほうが楽しい未来が待っていると思います。それと売上はもちろん大事ですが、売上を達成するためにはお客様の心をつかまなければいけない。“一番はやっぱりお客様”、その想いは入社以来ずっと曲げずに持ち続けていますし、スタッフ全員がその気持ちを持った店にしたいと思っています。

HIBIKI SHOP BRAND

SEARCH