M
E
M
B
E
R'
S
 M
E
S
S
A
G
E

ひびきのメンバー

MEMBER'S MESSAGE

初めて出会うひびき®のやきとり。その一本を美味しくするために。

2014年入社
営業部三課
やきとりひびき庵別館 本川越駅前店店長

伊藤 智久

TOMOHISA ITO

普通という言葉が嫌いで好奇心旺盛だった少年は、社会に出て様々な職業を体験した後、ひびき®へとたどり着く。地域に愛されるお店を作り、こだわりを持った一本のやきとり提供するために、日々奮闘する伊藤の目指す未来とは。

周りがあってこそ

このたび、「やきとりひびき庵別館 本川越駅前店」の店長になるチャンスをいただきました。これまで仕事に強いプレッシャーを感じたことは少ない人間でしたが、初めての新店舗出店の準備期間は、霧の中をもがいているというか、ゴールが見えない状況に直面していました。
これまでは生産者の方々、目の前のお客様がメインでしたが、今の立場としての状況は、店舗を作ってくださる業者様、生産者の皆様、社内の他の部署のメンバーの方々など、関わる皆さんのそれぞれ強い思いがあることをあらためて知り、そのことを表現できる店舗という場で、「当社に関わる全ての人々」のストーリーを伝えていくことの責任と重要性を学んでいます。
まさに「周りがあってこそ」で、自分ひとりでは何も出来ないことを痛感している毎日です。
私は幼い頃から活発な方で、いつも人とは違うことに喜びを感じているような子ども時代、学生時代でした。新たな発見を常にエネルギーにしてきたので、今回もその点は活かしていきたいですね。人の言うことを聞かず、我を通してしまうことが多かったというこれまでのコミュニケーションにおける難点も、今回は改善するチャンスだと捉えています。

自信のある商品を売りたい

社会に出てからは、製造業、飛び込み営業、社長秘書、テレアポ、事務仕事と職を転々としていました。作ること・食べることが昔から好きでスーパーの惣菜売り場でも働いていましたが、裏方だけの仕事よりもお客様と直に接する機会での「ありがとう」という言葉がずっと心に残っているんですね。
生活用品も扱いましたが、食は、特に人の生活に直結するものです。よりお客様のためになることをしたいと想い、ひびき®の採用情報を調べてみたところ、食の安心への取り組みを掲げていたことに心が惹かれました。個人の判断としてではなく、ひびき®は会社として安心安全、良いものを通じて、お客様の生活を支えようと取り組んでいます。今、ひびきのメンバーとして、食、接客、自信のある商品を売りたいという思いは私の実体験に基づいていると感じます。

今日初めて出会う
ひびき®のやきとり

「家族を連れてきたくなるようなお店」それは今どの職業でも必要とされるものだと思っています。やきとりに関して言えば、「今日初めて出会うひびき®のやきとり」のその一本が生焼けだったり、焼きすぎたり、形や美味しさを追求できていないものだったら、もう次はありません。その妥協を許してはいけません。お時間を頂いてでも焼き直し、「一本を捨てて百本を取れ」と、周りに伝えています。「自立したプロ集団」になるためには、一人ひとりが問題にぶつかったときに自分で解決できる考える力、発言する力が大事です。生産者の方の顔を想像し、「お客様に美味しく食べていただきました」という笑顔を届けられるように、一皿一皿と向き合っていきたいですね。

ひびきで働いて良かったと
思ってもらえるように

自分で目標を宣言することで、取り組みや姿勢・成果が全く異なることを、私は、ひびき®に入社してから学びました。
「本川越駅前店」は、人も、物も、建物自体も、全てを通して地域から愛されるようなモデル店舗となることを目指し、行動しています。
アルバイトの方など、ひびきとご縁があって働いてくれた人には、「ひびき®で働いて良かった」と言ってもらえるようになりたいと思っています。
アルバイトのスタッフにも、お店のためにというよりは、「自分のスキルアップのためにがんばれ」と伝えるようにしています。それは必ず結果的にお店への貢献に繋がりますから。ひびきはアルバイトの方にも成果に対する表彰を行っていて、推薦状を発行するシステムもあります。ひびきでアルバイトをした学生が卒業してどこかの会社に就職したときに、その組織で中心人物になって欲しいですね。私のみならず会社全体、社会が応援してくれる人財を育てること。
食を通して、人財を育て、社会に貢献していけること、それは私の大きな夢の一つです。

接客を超えた「接遇」を目指す

今、個人的な取り組みとして「サービス接遇」という資格の取得を目指しています。自分なりの会社への貢献を考えたときに、ひびきの®中でも一番の接客をしたいと考えて、知識や技術はどこにあるのかと調べた結果、質の高い接客である「接遇」に出会いました。例えば、売り上げを求めて次のドリンクを伺いに行くのではなく、食事中のお客様の様子を見て新しいお絞りをお渡ししたり、生産者、キッチンスタッフが心をこめて作った料理が美味しく届くように店舗の衛生環境を整えたりと、常に相手の立場に立って考えることが重要だと考えています。
「本川越駅前店」では接客を超えた「接遇」を日々実践していきたいです。