株式会社ひびき 正社員採用情報株式会社ひびき 正社員採用情報

ひびき®では店舗からの新商品提案を積極的に採用するため、これまでも現場目線の商品が数多く開発されてきました。テイクアウト型店舗で提案された「イタリア風やきとり」や、お弁当の製造を行うセントラル・キッチンで開発された「彩の国 まるごと弁当」など、店舗・業態に合わせた商品が生まれています。中でも東松山名物「秘伝のみそだれ」はモンドセレクションで2008年から最高金賞を連続受賞するなど、高い評価を得ています。
ひびき®では、やきとりをはじめ幅広い商品を開発しています。開発されてきた商品はどれも、開発者の「こうしたい!」という正直な気持ちが実現されたものでした。今回はサフランを使ったデザートをモデルケースに、ひびき®の新商品開発エピソードを紹介します。

モデルケース「パンナコッタのサフランオレンジソース」

埼玉県の鶴ヶ島ではかつてサフランが栽培されていて、それを再び特産品にするべく、2012年から“サフランで鶴ヶ島を元気に”プロジェクトをスタート。ひびき®グループは、ハートマイレージ®の一環としてこのプロジェクトを応援していることから、コラボレーションメニューの開発に至りました。

ひびき®流 その1「現場のアイディアをカタチにしたい!」

女性社員ミーティングを開催!

普段の何気ない会話や、店舗からでた提案が元となり、新商品の開発がスタートすることも多いです。ひびき®の強みのひとつが“女性視点”のアイデア。月1回のペースで女性社員ミーティングが開かれ、女性だからこそ気がつく問題点や、アイデアも話し合われます。これまでもスイーツを始め多くの新メニューが開発され、今回の「パンナコッタのサフランオレンジソース」も女性社員ミーティングから誕生しました。

〈商品開発の流れ〉

  • 1.商品会議

    「サフランの起源」「鶴ヶ島サフランとは」「サフランを使った料理」などをリサーチし、チームで共有。鶴ヶ島市とともに“サフランのブランド化”をテーマにします。

  • 2.テスト&試食

    サフランを使ったレシピを各自考案し、みんなで試食。修正点やアレンジ案を出し、完成品に近づけていきます。同時に提案、販促のアイディアも考えます。

  • 3.製造

    持ち寄った試作品の中から、商品化するメニューを決定。店舗での作成を念頭においてレシピ化を進め、業態によって価格や提供方法なども検討します。

ひびき®流 その2「お客様に喜ばれる商品をつくりたい!」

店舗で働くことで出来る提案!

ひびき®の社員は入社後、研修を経て各店舗に配属され、現場で経験を積んでいきます。その過程において店舗で働く仲間、生産者、お客様と意見を交わすことを経験するため、商品開発に当たっても、それぞれの立場に立った提案が出来ます。「店舗で売りやすい商品はどのようなものか?」「生産者にとって最良の素材の生かし方は何なのか?」「お客様に喜ばれる商品はどのようなものか?」など、様々な角度から企画をブラッシュアップしていきます。

ひびき®流 その3「“食”で地域を活性化させたい!」

食の安心と地元を大切にする取り組み

ひびき®の掲げる大前提のテーマに食の安心があります。その取り組みで特許を取得した「ハートマイレージ®」は、飲食業界のみならず、様々のメディアで取り上げられています。その根本にあるのは「ご当地の豊かな味を、日本中に、世界中に広げたい」という想い。今回提案したサフランを使ったデザートも、鶴ヶ島の郷土が育んだ良質の素材を魅力的な商品にすることで、地域活性化に繋がることを目指しています。

“商品開発”に興味を持った人たちへ

商品を開発するということは、生産者、お客様、店舗で働く仲間の “ココロ”を理解するという、難しくもやりがいのあるチャレンジです。あなたのアイディアを磨いて、ひびき®に携わる全ての人々が幸せになる新商品を開発しよう!

HIBIKI SHOP BRAND

SEARCH